グローバルネット調査 コムスコアニュース(2012年4月~6月)

2012年6月29日
5年後:iPhone隆盛を振り返る
2012年6月29日:アメリカ
本日は最初のiPhoneが発売から5年目の記念日に当たる。これはAppleにとって重要な節目になるばかりか、モバイル業界全体にとっても重要な節目となる。
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムスコア)のバイル市場データMobiLens(モビレンズ)によれば、現在iOSはAndroidに続いて、アメリカで第2位のスマートフォン・プラットフォームになっており、本年5月ではマーケット・シェア31.9%、ユーザ数3,510万人を保持している。過去5年間、Appleは5種類のiPhoneを発売しており、またキャリアについてもAT&Tの他に、VerizonやSprint等の主要キャリアまで拡大させている。iPhoneのデバイス・ジェネレーションによるエコシステムを詳細に見てみると、iPhone所有者の4人の内3人は現在iPhone 4かiPhone 4Sを使用しており、2012年5月時点で、iPhone 4が全iOSスマートフォンの約40%のシェアを保持し最大となっている。逆に2007年6月に発売された最初のiPhoneのシェアは2%のみで、新しいデバイスの導入によって実質的に時代遅れのデバイスとなっている(アブストラクト)。


5 Years Later: A Look Back at the Rise of the iPhone
JUNE 29, 2012POSTED IN: MOBILE, U.S.
Today marks the 5 year anniversary of the first iPhone release, an important milestone not only for Apple but for the entire mobile industry.
Today, iOS ranks as the second largest smartphone platform in the U.S. after Android, commanding 31.9 percent share of the market with its 35.1 million iPhone owners in May. During the last five years, Apple has introduced five different versions of the iPhone and extended its reach beyond AT&T to other major carriers, including Verizon and Sprint. A more detailed look at the iPhone ecosystem by device generation found that nearly 3 in every 4 iPhone owners currently uses the iPhone 4 or iPhone 4S, with the iPhone 4 accounting for the largest overall share at nearly 40 percent of iOS smartphones in May 2012. The original iPhone released on June 29, 2007 now accounts for just 2 percent of current iOS smartphone owners, with new generations of the device making the original virtually obsolete.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年6月8日
タブレット・ユーザは、スマートフォン・ユーザのほぼ3倍動画を視聴
2012年6月8日:アメリカ
現在アメリカでは、タブレット端末が移動中や特に自宅での、今まであったデジタル世界への関わり方を根本的に変化させる兆候を見せている。
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムスコア)の新しいタブレット市場データTabLens(タブレンズ)とモバイル市場データMobiLens(モビレンズ)によれば、2011年4月アメリカでは、タブレット・ユーザの半数以上がタブレット上で動画やテレビを視聴していたとレポート。これに対しスマートフォン・ユーザは20%であった。

またこれらタブレット・ユーザは単に動画を視聴しているだけではなく、その視聴頻度も高く、18.9%が週に少なくとも1回は動画を視聴しており、9.5%はほぼ毎日タブレット上で動画を視聴している。さらに月に少なくとも1回タブレット上で動画を視聴しているユーザの26.7%は、有料の動画コンテンツを視聴しており、コンテンツ・プロバイダーに対して、このプラットフォームが収益性があることを示している(アブストラクト)。


Tablet Audience Nearly 3x as Likely to Watch Video as Smartphone Users
JUNE 8, 2012POSTED IN: MOBILE, ONLINE VIDEO, TABLET, U.S.
Tablets are poised to fundamentally disrupt the way people engage with the digital world both on-the-go and perhaps most notably, in the home. New insights from comScore TabLens"! found that more than half of U.S. tablet users watched video and/or TV content on their device in April 2012, compared to just 20 percent of the smartphone audience.
Not only were tablet users more likely to watch video, but they were more likely to view video habitually with 18.9 percent of tablet users watching video content at least once a week, and 9.5 percent watching video nearly every day on their device. Of those viewing video at least once during the month, 26.7 percent paid to watch content, highlighting the monetization potential this platform represents for content providers.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年6月7日
イギリス人が、最もスマートフォンで地図を利用
2012年6月7日:ヨーロッパ
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムスコア)のPCデータMMXとモバイル市場データMobiLens(モビレンズ)によれば、2011年3月EU5では、9,040万の人がPC経由で地図関連サイトにアクセスし、その比率はインターネット・ユーザの49.6%であったレポート。これに対し、スマートフォン・ユーザは3,980万が地図関連のサイトにアクセスし、その比率はスマートフォン・ユーザの35%であった。フランスがPC経由での地図関連サイトアクセス比率でトップとなっているが(53.4%)、スマートフォン経由では最下位となっている。スマートフォン経由の地図関連サイトアクセスでは、イギリスがトップでその比率は40.2%となっている。(アブストラクト)。


Brits Are Most Likely to Use Maps on Smartphone
JUNE 7, 2012POSTED IN: EUROPE, MOBILE
In March 2012, 90.4 million people in the EU5 accessed Map sites via a computer, representing 49.6 percent of the internet audience. In comparison, 39.8 million smartphone users accessed maps via their device, representing 35 percent of the EU5 smartphone audience. France ranked first for penetration of Maps sites accessed via computer (53.4 percent reach) but ranked last when it came to smartphone map access (30.4 percent reach). The UK was the top market in terms of Map access via smartphones at 40.2 percent.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年6月4日
スマートフォンでの購買者:購買カテゴリ、トップ10
2012年6月4日:アメリカ
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムスコア)のモバイル市場データMobiLens(モビレンズ)、2011年4月を最終月とする過去3ヶ月平均データによれば、アメリカ人の約1,900万人がスマートフォンを使って買い物をしており、その比率はアメリカのスマートフォン・ユーザの17.4%であったとレポート。
上位の購買カテゴリを見てみると、購買者のほぼ3人に1人は衣料やアクセサリーを購買しており、4人に1人はチケット、22.3%は家電や家庭用具、21.2%はデリバリーやピックアップの食品、さらに5人に1人は共同購入商品やディカウント・クーポンを購入している。(アブストラクト)。


Smartphone Shoppers: Top 10 On Device Purchase Categories
JUNE 4, 2012POSTED IN: MOBILE, RETAIL, U.S.
Nearly 19 million Americans made a purchase on their smartphone during the three-month average period ending April 2012, representing 17.4% of U.S. smartphone owners.
A look at the top purchase categories revealed that almost 1 in 3 of those purchasers bought clothing or accessories on their device, while nearly 1 in 4 purchased tickets. 22.3% bought consumer electronics or household appliances, while 21.2% chose to purchase meals for delivery/pickup and 1 in 5 purchased daily deals or discount coupons.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年5月24日
雑誌や新聞上のQRコードが一番利用されている?
2012年5月18日:ヨーロッパ
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムスコア)のモバイル市場データMobiLens(モビレンズ)、2011年3月を最終月とする過去3ヶ月平均データによれば、EU5(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス)では、1,420万のスマートフォン・ユーザがQRコードをスキャンしており、EU5のスマートフォン・ユーザの14.5%に達したとレポート。QRコードのタイプでは、スマートフォン・ユーザの半数以上が、印刷された雑誌や新聞のQRコードをスキャンしており(50.9%)、最も利用率が高くなっている。また第2位は、製品や、パッケージ上に印刷されているQRコードで、その比率はスマートフォン・ユーザの38.0%に相当する(アブストラクト)。


Do QR Codes Work Best in Magazines and Newspapers?
MAY 24, 2012POSTED IN: EUROPE, MOBILE
Over 14.2 million smartphone users scanned a QR/Bar code, reaching 14.5 percent of the smartphone audience in EU5 (France, Germany, Italy, Spain and UK) during the three month average ending March 2012. More than half of the smartphone audience that scanned a QR/bar code did so from a printed magazine or newspaper (50.9 percent), making it the most popular source. Over 38.0 percent of the smartphone audience scanned a QR/bar code that was printed on product packaging, making it the second most popular source in EU5.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年5月18日
EU5での主要SNSでは、モバイルユーザが急増。
2012年5月18日:ヨーロッパ
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムスコア)のPCデータMMX、モバイル市場データMobiLens(モビレンズ)によれば、2011年3月、EU5(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス)でのPC経由のソーシャルネットワーク・サイトへのユニーク・ビジター数は1億7,100万で、前年同月より8%増化したレポート。しかしながら同時期におけるモバイル経由のソーシャルネット/ブログへのアクセス者数は6,690万で、その前年同月対比は44%増と飛躍的に増加している。

モバイル・ユーザの主要ソーシャル・ネットワークに対する増加率を分析してみると、増加率ではモバイル・ユーザはPCユーザを大幅に上回っている。SNSのトップ3ブランドでは、Twitterがモバイルでは最大の増加率を示しており(101%増)、PCでも66%増加している。しかしながら2012年3月においては、Facebookがモバイル、PCとも最大のユーザを獲得している(アブストラクト)。


Mobile Driving Majority of Growth for Leading EU5 Social Networks
MAY 18, 2012POSTED IN: EUROPE, MOBILE, SOCIAL NETWORKING
Social Networks attracted an audience of nearly 171 million unique visitors via computers during March 2012, seeing an increase of 8 percent over the past year in EU5 (France, Germany, Italy, Spain and the UK). Nearly 66.9 million mobile users accessed social networks or blogs via their devices during March 2012, seeing a stronger growth rate of 43 percent.

An analysis of the leading social networks showed that the growth rates from mobile users accessing social networks by far outpaced growth rates of computer users. Among the top 3, Twitter saw the fastest growth on mobile (101 percent) and computer (66 percent) but Facebook attracted the largest audience on both platforms in EU5 during March 2012.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年5月11日
イギリスではEメールの利用がPCからモバイルに移行
5月11日:イギリス
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムスコア)のモバイル市場データMobiLens(モビレンズ)によれば、2011年3月、イギリスにおいては約3,060万のユーザが自宅または会社のコンピュータからWindows Live HotmailやYahoo!Mailにアクセスしていたとレポート。しかしながら、PCによるEメールの利用は前年同月対比1%しか増加していないのに対し、携帯電話経由のEメールのアクセスは33%増加しており、そのユーザ数は2,120万に達していると発表。PCならび携帯電話経由のEメールの利用は増加傾向にあるが、PC経由がスローダウンしているのに対し、携帯電話経由は相対的に急増している(アブストラクト)。


UK Email Usage Shifting from Computer to Mobile
MAY 11, 2012POSTED IN: EUROPE, MOBILE
In the UK, nearly 30.6 million unique visitors accessed email sites like Windows Live Hotmail and Yahoo! Mail via their home or work computer during March 2012. Fixed internet email usage saw a rise of 1 percent over the past year by visitors but email access via mobile grew by 35 percent, reaching 21.2 million unique visitors in March 2012. While email usage on both platforms saw an increase in visitors, computer usage appears to be slowing down as mobile usage accelerates in comparison.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年4月30日
EU5ではスマートフォン・ユーザの約半数がゲーマー。
4月30日:ヨーロッパ
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムがスコア)のモバイル市場データMobiLens(モビレンズ)、2012年2月での過去3ヶ月平均データによれば、週に1回以上ゲームをプレイするEU5でのスマートフォン・ユーザ数は、前年同月から55%増加し4,640万に達したとレポート(EU5全携帯ユーザの42%)。モバイル・ゲーム市場ではイギリスがトップで1,420万人のスマートフォン・ユーザが携帯電話上でゲームをプレイしており、そのユーザ数はスマートフォン・ユーザの52%に相当する。イギリスのスマートフォン・ユーザはまた日別/週別のゲーム利用においても第1位にランクされている。(アブストラクト)。


Nearly Half of EU5 Smartphone Users are Gamers
APRIL 30, 2012POSTED IN: EUROPE, MOBILE
In the three month average ending February 2012, the number of EU5 smartphone users playing games at least once a month increased 55 percent over the past year to 46.4 million smartphone users (representing 42 percent of the EU5 audience). The UK proved to be the largest market for mobile gaming with 14.2 million smartphone users playing games on their devices during the month, representing 52 percent of the smartphone audience. British smartphone users also ranked first in terms of gaming penetration across daily and weekly gaming usage.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年4月26日
アメリカではタブレット端末の競争が過熱。Kindle FireがAndroidタブレット市場の半数以上のシェアを獲得。
4月26日:アメリカ
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムスコア)のモバイル市場データMobiLens(モビレンズ)によれば、2011年11月に発売された「Kindle Fire」がアメリカのタブレット購買者の間で急激な伸びを示しているとレポート。「Kindle Fire」は、Androidタブレット市場では、2011年12月のシェア29.4%から2012年2月には54.4%と、この2ヶ月間でほぼ倍増しており、すでに他製品に大差をつけて主要なAndroidタブレット端末として確立している(アブストラクト)。


Tablet Competition Heats Up: Kindle Fire Captures more than Half of U.S. Android Tablet Market
APRIL 26, 2012POSTED IN: MOBILE, TABLET, TELECOM, U.S.
The Kindle Fire, introduced to the market in November 2011, has seen rapid adoption among U.S. buyers of tablets. Within the Android tablet market, Kindle Fire has almost doubled its share in the past two months from 29.4 percent share in December 2011 to 54.4 percent share in February 2012, already establishing itself as the leading Android tablet by a wide margin.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年4月23日
日本のスマートフォン市場では、Androidが過半数を占める
4月23日:日本
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムがスコア)のモバイル市場データMobiLens(モビレンズ)によれば、2012年2月を最終月とした過去3ヶ月を見た場合、日本では1,930万のユーザがスマートフォンを所有しており、その数値は昨年の11月に比較して28%増加している。スマートフォン市場ではAndroidのシェアがトップで61.4%に達しており、それにAppleが34.2%で第2位(2011年11月から1.3ポイント増加)、マイクロソフトが3.9%で続いている。(アブストラクト)。


Android Accounts for Majority of Japan’s Smartphone Market
April 23, 2012Posted in: Asia/Pacific, Mobile
More than 19.3 million people in Japan owned smartphones during the three months ending in February 2012, up 28 percent versus November. Android’s share of the smartphone market reached 61.4 percent, while Apple ranked second with 34.2 percent of the smartphone market (up 1.3 percentage points versus November 2011), followed by Microsoft, which accounted for 3.9 percent in February 2012.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年4月18日
過去3カ月、アメリカのスマートフォン・ユーザの約5人に1人はスマートフォンを使って旅行を予約
4月18日:アメリカ
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムがスコア)のモバイル市場データMobiLens(モビレンズ)によれば、2012年2月を最終月とした過去3ヶ月のアメリカを見た場合、51%のスマートフォン・ユーザがその携帯端末を使って旅客機やホテル関連のコンテンツにアクセスしており、またその内の5人に1人は旅客機とホテルの両方にアクセスしていたとレポート。旅客機による旅行関連で一番取られた行為は航空運賃の確認で、スマートフォン・ユーザ全体の26%がこの行為を行っている。またスマートフォン・ユーザは同様に、エアラインの電話番号、フライトスケジュール、フライトの運行状況も確認しておりその比率は25%となっている。
現状最も行われている行為は情報を得ることだが、スマートフォン・ユーザは旅行に関する実際のサービスも受けている。21%のスマートフォン・ユーザは携帯電話を使ってフライトのチェックインを行っており、また18%はスマートフォンで旅行を予約。10%はキャンセルを実施している(アブストラクト)。


Nearly 1 in 5 U.S. Smartphone Owners Booked Travel on their Device in Past Three Months
APRIL 18, 2012POSTED IN: MOBILE, U.S.
During the three month period ending in February 2012, 51 percent of the smartphone audience accessed air and/or hotel content on their device, with 4 in every 5 mobile travelers accessing both air and hotel content. The most popular air travel-related mobile activity was checking airfare prices, in which 26 percent of all smartphone users engaged. Smartphone users were nearly as likely to look up an airline phone number, flight schedules, and check a flight’s status, each of which was conducted by 25 percent of the audience.
While many of the most popular behaviors were consumers seeking information, they also engaged in transactional behavior. 21 percent of smartphone consumers checked in for a flight on their device, while 18 percent booked a flight on their smartphone and 10 percent cancelled a flight.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年4月3日
アメリカでは、Androidがスマートフォン・マーケット・シェアの大半を獲得
4月3日:アメリカ
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムスコア)のモバイル市場データMobiLens(モビレンズ)によれば、2012年2月を最終月とした過去3ヶ月平均のデータを見た場合、アメリカにおいて、1億400万以上の人がスマートフォンを所有しており、その数値は前年の11月に比較して14%増加したとレポート。
スマートフォン市場シェアトップはGoogleのAndroidで、そのシェアは2012年2月で50%を上回り、2011年11月に比較して17ポイント上昇している。Appleは第2位となっており、そのシェアは30.2%(前年同月対比で5ポイント上昇)。それにRIMがシェア13.4%、Microsoftが3.9%、Symbianが1.5%で続いている(アブストラクト)。


Android Captures Majority Share of US Smartphone Market
APRIL 3, 2012POSTED IN: MOBILE, U.S.
More than 104 million people in the U.S. owned smartphones during the three months ending in February 2012, up 14 percent versus November.
Google Android's share of the smartphone market eclipsed 50 percent in February, an increase of 17 percentage points since February 2011. Apple ranked second with 30.2 percent of the smartphone market (up 5 percentage points versus year ago), followed by RIM at 13.4 percent, Microsoft at 3.9 percent and Symbian at 1.5 percent.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年4月2日
アメリカ、イギリスにおいては、iPhoneユーザの方がAndroidユーザよりもWi-Fiにアクセス。
4月2日:ヨーロッパ/アメリカ
PCインターネット視聴率、モバイル・インターネット視聴率のリーディング・カンパニーcomScore(コムがスコア)のモバイル市場データMobiLens(モビレンズ)のアメリカでの分析によれば、iOSとAndroidスマートフォン・プラットフォームでのWi-Fiならびにモバイル・ネットワークによるインターネット接続状況に関して、インターネットに接続するためにモバイルとWi-Fiネットワークの両方を使用したiPhoneの比率が71%だったのに対して、Androidのモバイル端末では32%であったとレポート。またイギリスでの同様の分析においても一致した結果が出ており、WebにアクセスするためにモバイルとWi-Fiの両方のネットワークを使用したiPhoneの比率は87%だったのに対し、Andoridは57%であった。(アブストラクト)。


iPhone Users More Likely to Access Wi-Fi than Android Users in the US and UK
APRIL 2, 2012POSTED IN: EUROPE, MOBILE, U.S., UNCATEGORIZED
A U.S. analysis of Wi-Fi and mobile Internet usage across unique smartphones on the iOS and Android platforms reveals that 71 percent of all unique iPhones used both mobile and Wi-Fi networks to connect to the Internet, while only 32 percent of unique Android mobile phones used both types of connections. A further analysis of this pattern of behavior in the U.K. shows consistent results, as 87 percent of unique iPhones used both mobile and Wi-Fi networks for web access compared to a lower 57 percent of Android phones.
[ comScore Data Mine から引用 ]

2012年1月~3月のコムスコアニュースはこちらを参照ください

Share |