スマートフォン概念の歴史

Searchmobilecomputingによるとスマートフォンは、組込コンピュータがある携帯電話にコンピュータが組み込まれ今までに電話機能として関連づけられなかった、オペレーティングシステムや、ウェブブラウジングやソフトウェアアプリケーションを実行する能力を含む電話です。 最初のスマートフォンはIBMのサイモンで、消費者用のデバイスとしてではなく1992年のCOMDEXコンピュータ産業見本市でスマートフォンの概念が紹介されましたとあります。

A smartphone is a cellular telephone with an integrated computer and other features not originally associated with telephones, such as an operating system, Web browsing and the ability to run software applications. The first smartphone was IBM's Simon, which was presented as a concept device (rather than a consumer device) at the 1992 COMDEX computer industry trade show.

スマートフォンと携帯電話の違いは何ですか?

サイモンが発表されたとき、スマートフォンの特徴は、他の携帯電話と明確に差別化されていましたがその当時の携帯電話は、ただ地上通信線接続を必要としなかった電話を指していました。 明確にスマートフォンを表現する標準定義が全くありません無く--単に携帯電話がスマートフォンとして売り出されたものに同様の特徴を提供するように、多くのデバイスが売り出されました。

スマートフォンの定義

スマートフォンとは、携帯電話端末機能とPDA(携帯情報端末)機能を融合した携帯電話です。
PC同様にOSが搭載され、さまざまなプログラムを動かすことが出来、小さなPC機能を組み込んだ携帯です。

IT用語辞典では個人用の携帯コンピュータの機能を併せ持った携帯電話。従来の携帯情報端末(PDA)に携帯電話・通信機能を統合したもの、と表現されることもある。単に高機能というだけでなく、汎用のOSを搭載し、利用者が後からソフトウェアなどを追加できるようになっている機種を指す場合が多い。とあります。

スマートフォン?ハイエンドな携帯?

かって、と言ってもほんの3年前程前にはiPhoneはスマートフォンとして認めないITC記者が多くいました。それはiPhoneをビジネス用途に使うには限界があり、Windows MobileやBlackberryのようにビジネスで利用するExchange Serverと統合可能なデバイスではないことが主な理由でした。iPhoneはスマートフォンではなく非常にハイエンド機能の携帯電話です。というコメンテーターもいました。

日本においても2008年ごろまでiPhoneには.FeliCaなどの電子マネーに対応していない、ワンセグがない、メールが打ちづらい等iphoneが日本では売れないと予測する業界関係者も多くいた。今ではスマートフォン=iPhoneの代名詞のような存在です。米国では2010年アンドロイドがiPhoneを超え、さらに2011年2月にはブラックべリーからスマートフォンOSの首位座につきました。

スマートフォンにある機能例

  • OS
  • Internet connectivity
  • A mobile browser
  • The ability to sync more than one email account to the device
  • Embedded memory
  • Hardware and/or software-based QWERTY keyboard(米国ではこの機能のノンスマートフォンが多きく伸びています。)
  • Wireless synchronization with other devices, such as laptop or desktop computers
  • The ability to download applications and run them independently
  • Support for third-party applications
  • The ability to run multiple applications simultaneously
  • Touchscreen
  • Wi-Fi

Share |